【新人のもしなら。】医療3Dプリンティング技術の発展に貢献したい!|【NINA’s What IF】Want to Contribute to Developments of Madical 3D Printing!

皆さんこんにちは、NINA(ニーナ)です!
新設マーケティングチームに配属された新入社員の私に課せられた使命、、、「新しいマーケット見つけてこい!」
ものづくり業界ド素人がこの使命を全うすべく、思いつく限りの
「もし○○なら、ウチの製品こんなところに使えないのかな?」
を描いていく連載ブログを開始します!

Hi, there! I am Nina, a baby market analyst since this Spring.
To achieve my mission of finding new markets, I will give some brainstorming here through this blog by writing my own idea of “what if our products can be used in…” as amateur.
Here it goes my idea!

テクダイヤが3Dプリンティングの世界を変える?| Tecdia can change 3D printing field?

画像1

今テクダイヤノズルで高精度3DプリンティングができるとSNSプラットフォーム上で話題に!

3Dプリンティングが趣味な方、はたまたお仕事で使用される方、ご存知でしたか?

 

Have you ever heard of our precision nozzles?

Recently, it has made a buzz that our Tecdia nozzle enables you to 3D print very precisely!

If your hobby is creating something with 3D printing or that’s what you do for living, you must check it out!

A Tecdia Nozzle can make a difference in your creation with the quality of its internal shape.

 

 

3Dプリンティングでもテクダイヤノズルがその精度を存分に発揮してくれています!

このテクダイヤノズルで進化が加速する3Dプリンティングの世界を変えることが出来れば、、

医療業界でも応用され始めている今、少しでも課題を解決する手助けになれたら、、

 

What if we can change 3D printing industry by accelerating studies and developments with this Tecdia nozzle…

What if we can help them solve problems in medical applications with our technology…

バイオ3Dプリンティング技術の発展がすごい!| Incredible innovation in Bio-3D printing!

医療現場への応用のなかでも、バイオプリンティングの研究がもっと進んで実用化されれば、救える命も増える画期的な技術。

研究が進んでいるものの中には、バイオインクと呼ばれるコラーゲンなど生物的材料が、ひも状の物質となり、直接皮膚患部にプリントされることで、人工皮膚を作り出し、やけどの治療に用いられるそう。

他の部位から皮膚を移植する必要もなく、短時間でやけどの表面をカバーできるため、救える命も劇的に増えると期待が高まっている技術だそうです。

 

There is a lot of study going on for medical applications, and among that, Bioprinting is a breakthrough technology that will be able to save many lives if the study can be put into use in near future.

One of the most innovative bioprinting studies is using a string-shaped material called Bio ink which is made of biomaterial such as collagen, which is directly printed on patient to cover burns as an artificial skin.

It takes less time to cover the surface of burn than conventional treatment, and patient does not have to implant skin from other parts of body so that more lives can be saved with this technology.

 

 

料理で腕をやけど、ヘアアイロンでおでこをやけど、、

そこら中小さいやけどだらけなんてこともありますよね。

もっともっと研究が進んで皆がお家でも絆創膏みたいに手軽に使えたらめっちゃすごい!

 

Burn the arm during cooking, burn the forehead with hair iron…

Burn everywhere and tiny scars are everywhere…

It will be super cool if we can use this technology in our own home like band aid!

 

 

人工皮膚シートを形成するプリンティングヘッドにテクダイヤの技術が貢献できないかな?

 

Can we provide any solutions for printing head to form artificial skin sheets?

 

 

とても精密で複雑なため、小径かつ高精度な塗布が求められる3D構造において、テクダイヤノズルが液垂れと材料詰まりに対してソリューションを提供できるという強みを生かして、医療3Dプリンティング技術の発展に微力でも貢献したいです!

 

Biomaterial printing requires high accuracy application for extremely precise and complicated 3D structures, and Tecdia nozzles can help you print smoothly without allowing material to drip or become clogged.

We would be so grateful to contribute to developments of medical 3D printing technology!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)