ん?XLOOKUP…?

またしてもExcelの話。

見間違い!?

ここ最近Excelで作業する機会が多くVLOOKUPを使っていたのですが、
欲しい値が検索対象より左の列にあるために毎回列のコピペを行っていました。
それが面倒になってきたのでINDEXとMATCHの組み合わせ技を使っていたのですが、
ある時たまたまネットで”XLOOKUP”という文字を見付けて「??」と思い調べてみました。

な、なんと…

  • XLOOKUP関数はLOOKUP関数系の新しい関数
  • VLOOKUP関数やHLOOKUP関数の後継
  • Excel for Office365でXLOOKUP関数が使えるようになった
  • Excel2016(永続ライセンス版)やExcel2019(永続ライセンス版)では使用できない

といった感じのもので、リリースされて1年以上経つようですが全く知りませんでした…。

XLOOKUPの詳しい使い方は割愛しますが、もっと早く知っていれば…と後悔したとともに、
私のように知らない人がいるかもしれないと思い今回書いてみました。誰かの作業効率が上がれば幸いです。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)