【就活】独特な質問への返し方!焦らず、自分らしく、答える方法

こんにちは!22卒の就活が解禁し、徐々に面接等が始まっているのではないでしょうか。
今回は、社会人2年目新卒入社社員が、就活時に実践していた返答術をご紹介いたします!

激ムズ質問への正解はない!

就活中に予期せぬ質問を投げかけられたことはありませんか?

「自分をお寿司に例えるとなんですか」

「無人島に一つなにを持っていきますか」

「生まれ変わったら何になりたいですか」

上記は私が実際に就活で聞かれた質問です。

 

こう聞かれたときに、一瞬、頭が真っ白になり、返答にとても迷ってしまうと思います。

何と答えるべきだろう、

この会社に関係のある製品の方がいいのだろうか、

求めている人材の回答はなんだろう、と躊躇ってしまいます。

 

これらの質問への返答に、正解はありません。

自分の意見を忌憚なく、答えることが大切です。

大事なのは自分軸!

ただし、一つ意識しなくてはいけないことがあります。

それは、自分の経験を基にした返答をすることです。

 

例えば、「就活でスーツを着る理由はなんだと思いますか」と聞かれた場合、

わたしは自分の留学経験から以下のように答えました。

 

「社会人生活に適応していけるかを判断するためだと思います。海外と比べ、日本の新卒総合職採用では、どこの部署にも配属される可能性があるため、スーツがきちんと着こなせているかで適応力を見ていると考えます。」

 

これは、わたしの留学経験から、海外の友人たちの就活と自分の就活を比べた時に感じたことでした。

このように答えると、留学中の経験や価値観の変化など、

自分がして欲しい質問を面接官から引き出すきっかけにもなります。

焦らず、自分らしく!

このように思いもよらない方向から、質問が飛んでくることもあるかと思います。

そんな時は、少し考えさせてください、と呼吸を置き、

自分の今までの経験や軸を基に、堂々とこたえてください。

大切なのは、一貫した自分で居ることです。

 

焦らず、自分らしく、頑張ってください!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)