Page 1
IMG_0009

「CIOE2019」、「新技術創出交流会」に出展しました! ~9月展示会まとめ~

9月4日~9月7日、中国深センにて行われた「China International Optoelectronic Exposition(CIOE2019)」。詳しくはこちら。 この展示会は、光通信、情報処理、半導体加工、医療、 ディスプレイなどが出展する、世界規模の通信技術展示会です。   [caption id="attachment_7648" alig... Continue Reading →
insta_engineer_6

「金属加工製品」と「ダイヤモンド加工製品」に用いられる技術

   (左:精密ノズル、右:先端スーパーロングノズル) テクダイヤの金属加工の技術力が詰まった、「ディスペンサーノズル」。 電子部品への接着剤塗布に使用されます。 ノズル先端の直径は0.03mm。これは人間の髪の毛(約0.08mm)よりも細いです。 電子部品が内蔵されている電子デバイス(スマートフォンなど)の小型化に伴い、 ディスペンサーノズルも狭く小さい箇所に... Continue Reading →
TOP画像 - コピー

通信の加速化に貢献「AuSn付セラミックコンデンサ」

《実装時、エポキシ樹脂の代わりとなるAuSnが極小のため、ハンドリングが困難》 従来のAuSnでの実装は、単層セラミックコンデンサと回路基板の間に、エポキシ樹脂の代わりとなる板状のAuSnを設置する必要がありました。しかし、そのAuSnは、とても小さく薄いため、ハンドリングが難しく、設置位置がずれることで、ショートする恐れを伴っていました。   ... Continue Reading →
pocket-watch-3156771_1280

テクダイヤ43年の歴史-裏話も初公開しちゃいます!-

1976年 テクトロニクス株式会社を設立。 レコード針の製造輸出業を開始。 ダイヤモンド加工研究所を東京都練馬区に設立。 \後の社名にもなるダイヤモンドビジネスからスタート!/ 1977年 ダイヤモンド・スクライブツールを開発! \セラミックのウェハカットに使用します/ 1979年 単層セラミックコンデンサを開発販売開始!  ... Continue Reading →
gold-513062__340

意外と知らない金(Au)について!特徴から用途までご紹介します

金は元素番号79の金属元素です。私たちの普段生活している中では、個体として存在しています。金属としては重く、やわらかく、特に柔軟に変形する性質に優れており、金属の中で最も薄く延ばすことができます。なんと、金が1グラムあれば数平方メートルまで広げることができます。また、耐食性(酸化しにくく錆びにくい性質)や熱伝導性、電気伝導性にも優れているという特徴を持ちます。 ... Continue Reading →
図3

テクダイヤの製品ってどうやってできるの?製品製造工程をご紹介!

セラミック加工技術部では、セラミック応用製品として、 単層セラミックコンデンサ・薄膜回路基板などを製造しています。 これらの製品は携帯電話基地局、衛星、データセンターなどの 通信半導体部品として使用されています。 5Gと呼ばれる、第5世代移動通信システムにも大きく関わってるのです。 テクダイヤと5Gの関りについて詳しくは《5G通信とテクダイヤの関わり》をチェック✔ ... Continue Reading →