Page 1
learn-2405206_1920

分散の加法性について

分散の加法性とは、2つの確率変数XとYがあって、XとYが独立で正規分布するとき、 XとYを合わせたものの分散は、X、Yそれぞれの分散を足し合わせたものに等しいというものです。 式で表すと、 V(X±Y)= V(X)+V(Y) 定数を含む場合の一般式は、 V(a1X1+a2X2+・・・+anXn)= (a1)^2・V(X1)+(a2)^2・V(X2)+・・・+(an)^2・V... Continue Reading →
OOK82_gurafuwoyubisasu20131223_TP_V

〈わたしと統計〉品質保証歴22年、生産活動の実務に有効な統計手法をご紹介

小学校で学ぶ算数、足し算、引き算、掛け算、割り算。 この組み合わせで、平均値の計算を学ぶ。 考えてみれば、子供にしては結構高度なことをやっている。 当たり前のように学校で学んだ。 繰り返し繰り返し計算して、間違ってはやり直して。 小学生のころ、そろばんを習った。 そして、整数からマイナス数、小数点、分数。 中学、高校とひたすら紙と鉛筆で計算。公式も覚えた(もう忘れたが)。... Continue Reading →
woman-790594__340

品質問題の未然防止はどこまで叶うか

ずっと以前からモノづくりで取り組まれてきたテーマ ~品質問題の未然防止~ 信頼性保証、源流管理、なぜなぜ分析、FMEA、DRBFM、SQC、 デザインレビュー、ゼロディフェクト活動、TQM、ISO9001、シックスシグマ、…など 製造業では、過去からいろんな試みがなされてきた。 で、品質事故はなくなったか? 否、なくなっていない。 むしろ、一般的に品質事故が増えている。 ... Continue Reading →