Page 1
レーダー

なぜ電波で距離が測定できるのか – レーダーの仕組みを簡単に説明します

レーダーから発射された電波は、ターゲットに当たると反射して返ってきます。 電波の進む速度は、光と同じ秒速で約30万キロメートルと非常に高速ですが、電波が行って帰ってくる距離に応じた時間分だけ遅れて返ってきます。やまびこと同じようなものです。 レーダーの簡単な構成図と電波の動きを絵にしてみました。 青い三角形を送信信号、橙の三角形を反射して返ってくる受信信号だと思ってください。 ... Continue Reading →
kiban160309250I9A2687_TP_V

電子機器の評価とうっかりミスの話

電子機器や通信機などを評価するときに、部品を交換したり回路定数を調整したりすることがあります。その際、ついうっかりして、通電している部品にハンダゴテをあててしまうことはないでしょうか。 電子機器に使用される電子部品は、静電気に弱いものが多く、その対策として、コテ先が接地されているハンダゴテを使用するケースが多いと思います。この場合ですと、回路をショートさせてしまうので、部品を焼損させてしまう... Continue Reading →
E146_kougyouchitai_TP_V

必ずエンストする十字路の謎

以前に狭山工場に勤務していた時は自家用車で片道50Kmを通勤していました。通勤距離は長いのですが、R299の正丸峠越えはほとんど信号がなく交通量も少ないので、思ったほど時間はかかりません。カタログ燃費を大きく超える省燃費を実現していたことからも、いかに車にとって負担の少ないコースであったかがわかります。ちなみに紅葉の時期はR299からR140にかけて大渋滞が予想されますので、車でお出かけの際はご注... Continue Reading →
抵抗付セラミックコンデンサ(IRC)

シート抵抗とは

【シート抵抗】 シート抵抗とは薄膜やフィルムなどの厚さが均一な薄い膜の電気抵抗を表すものです。膜の表面形状が正方形の時の対向する2辺間の抵抗のことで、単位は一般的にΩ/sq(オーム/スクエア)を用います。 例えば、薄膜チップ抵抗の抵抗値は、シート抵抗(Ω/sq) × 抵抗パターンの長さ(L) / 抵抗パターンの幅(W)で求めることができます。抵抗パターンが正方形であれば、抵抗値(Ω) ... Continue Reading →
PKSMIMGL4882_TP_V

漏れ電流とは

【漏れ電流の規定】 テクダイヤでは漏れ電流としての規定はなく、定格電圧に対する絶縁抵抗値として規定しています。漏れ電流は、定格電圧(V) / 絶縁抵抗値(Ω)で簡易的に求めることができます。   【漏れ電流を測定する場合の注意】 ・専用の測定器を使用すると安心ですが、DC電源、微小電流計とコンデンサを直列に接続すれば測定できます。 ・測定時には高電圧を印加し... Continue Reading →
P_20180709_195008

技術の継承とその課題

CMI(フィリピン工場)からの研修生でグレイ(仮名)という青年がいた。半年後にRFユニットをCMIで量産立ち上げする予定があり、その担当者として約半年間、日本で研修を受けてもらった。彼にはRFについての知識や経験はなかったが、とても飲み込みが早く、研修の後半では簡単な開発案件であれば任せられるまでに成長していた。これといった問題もなく、予定通りに量産立ち上げを完了できたのは彼の活躍によるものといっ... Continue Reading →