Page 1
モザイクeyecatch

SEM(電子顕微鏡)と心眼

SEM(電子顕微鏡)は非常に小さいモノを見る為の装置です。セラミックの研究や開発に携わる人ならかなり高い確率で使用していると思います。数um(1um=1/1000mm)という非常に小さい表面の段差を見ることが出来る事から、セラミックの原料粉末や、焼締めたセラミックの塊、あるいは加工した後の表面など、造ったモノがどの様になっているかを知るための重要な道具です。セラミックの開発をするなら、SEM(ED... Continue Reading →
5d672953a7757e73cefc4bc41f1af0f8_t

セラミックコンデンサを選ぶ時の注意点

コンデンサは英語では、キャパシタンス(capacitance)と呼ばれています。 静電容量は、コンデンサの特性を表す「電荷を溜める事のできる量を表す値」です。 水に例えると、ある水位(電圧V)においてどれだけの水量(電荷Q)を 蓄えられるかという貯蔵量を表すものです。[Q=CV] 空間に配置された二つの導電体の間には必ずこの静電容量が作られます。 その静電容量の値は、... Continue Reading →
プレゼンテーション1

”高耐圧単層セラミックコンデンサ”の製造に挑戦

GaN半導体において単層セラミックコンデンサは、インピーダンスマッチングにも用いられ、ドレイン側では高電圧下で使用されるため、高電圧に耐えられる単層セラミックコンデンサが必要不可欠です。バイアス電圧に加えて、増幅された高周波電圧が重畳されるため、単層セラミックコンデンサは定格電圧に余裕のある高耐圧が求められています。  ... Continue Reading →
photo

【1週間で納品】薄膜回路基板の特急試作

薄膜回路基板とは、アルミナ基板(Al2O3)、窒化アルミニウム基板(AlN)、誘電体、石英など、放熱性に優れた基板に、薄膜メタライズ技術を用いて回路パターン形成を施す基板材料です。光通信やRFなどの回路基板として使用されます。テクダイヤの薄膜回路基板は、極細回路形成や立体基板への回路形成など、お客様の用途に合わせてカスタマイズ製作し実装までをワンストップで対応しています。   ... Continue Reading →
25333d21fa9e785433e6fceea72fe957_t

コンデンサの静電容量と誘電率

静電容量とは、「電気エネルギーを蓄えられる容量」といえるものです。 静電容量は、絶縁された導体間(離されて配置された2つの導電体間)において、どのくらいの電荷が蓄えられるかを表す量を意味します。 英語ではキャパシタンス(capacitance)と呼ばれています。 水に例えますと、ある水位(電圧V)においてどれだけの水量(電荷Q)を蓄えられるかという貯蔵量を表すものです。[Q=CV で... Continue Reading →
the-internet-4899254_1920

5G到来。テクダイヤの単層セラミックコンデンサが選ばれる理由。

5Gのサービス開始に向けて技術開発が進む中、短納期での製品提供が求められるだけでなく、高度な技術も求められます。大規模MIMOや広大な帯域幅を持つミリ波無線通信など、革新的な技術を多数併用するため、端末や基地局に必要な単層セラミックコンデンサにも高い品質が求められます。 ... Continue Reading →