Page 1
1304bbb24d24eebfbdeb79619e39a12c

5G通信とテクダイヤの関わり

5G通信とは、第5世代の移動式通信システムのことで、2020年代の社会を支える重要なインフラとなることが期待されています。 日本で使用される5G通信の周波数帯は、Sub 6と呼ばれる3.7GHz帯及び4.5GHz帯と、ミリ波の28GHz帯、の大きく2つに分けられます。 携帯電話などのモバイル機器の利用を中心としていた現行LTEに比べ、IoT (Internet of Things) での利... Continue Reading →
starry-night-1149815__340

セラミックスという材料

セラミックとは、原料を加熱し焼き固めた無機固体材料のことで、 一般的には焼き物(陶磁器)などの全般を指すことが多いです。 セラミックとしては、ガラス、セメント、陶磁器や、ケイ素の化合物としての 二酸化ケイ素、ケイ酸塩などがあるます。 セラミックには、いろんな特性があります。 「耐熱性、耐食性や電気絶縁性などに優れている」という長所があり 「硬いけれどももろい」と... Continue Reading →
ALTASカタログ用写真

教科書では学べない、これが本当のコンデンサのインピーダンス計算法

さて、このコンデンサですが、通信機器に使用する際、重要となる特性があります。当社では、設計開発の段階および製造時での製造バラツキによるその特性の評価として、通信機器において十分な性能が発揮できるように保つため、製造業としては当然のことですが、試作段階から様々な特性評価をおこない十分な性能を保っていることを監視しております。 もっとも重要な項目は、容量素子であるコンデンサですから、その「容量値... Continue Reading →
図1

工業用ダイヤモンド6製品、特徴・用途まとめ

①へき開性 へき開性とは、特定の方向に対して割れやすい性質です。ダイヤモンドは硬いので、傷ついたり、割れたりしないと思ってしまいますが、ダイヤモンドが優れているのは、摩擦に対するもの。バームクーヘンや食パンがある一定の方向へは裂けやすいように、ダイヤモンドもへき開性によって、少しの衝撃によって簡単に割れてしまうことがあります。反対にこのへき開性があることによって、硬いダイヤモンドを加工することが... Continue Reading →
DSCN0105

通信機器に欠かせない単層セラミックコンデンサと積層セラミックコンデンサとは

セラミックとは陶磁器や耐火物、ガラス、セメントなど高温処理を受けたものの総称です。特徴としては硬い、耐熱性、耐食性、電気絶縁性などがあります。セラミックはこれらの特長を活かして、半導体をはじめとした、電子部品にも使われています。... Continue Reading →
3_ランザS-1_アルク・プレミアム

精密ノズルメーカー8社 特長まとめ

出展:テクダイヤ株式会社 TECDIA   テクダイヤ株式会社の精密ノズルは、電子部品だけでなく、医療技術をも支えています。低価格・業界最小先端内径でグローバル市場へ挑戦しています。   出展:テクダイヤ株式会社(ディスペンサーノズル(アルク・その他ノズル)   【特徴】 ・極限まで抑えた価格 ・加工技術... Continue Reading →