Page 1
ダイヤモンドスクライバー(InPウェハカット)

高集積化したInPウェハの高精度スクライブ、成功の理由

InP半導体は高機能・高性能である一方、未だ高コストであるという課題もありました。そこで半導体製造会社はInPウェハ1枚当たりのチップ集積率を高くし、コスト削減を図りました。ウェハのストリート幅(切断幅)は50μm以下となり、ウェハのチップサイズは小さいもので170μm×170μm。ストリート幅は狭ければ狭いほどウェハを無駄なく使えるため、狭いストリート幅のウェハを高精度にチップ化することが求めら... Continue Reading →
Handy Wafer Scriber

高精度スクライブを誰でも簡単に!マニュアルスクライブの新常識「ハンドスクライバー」とは

課題① マニュアルであるが故、個人の感覚に頼らずを得ず標準化が困難 課題② スクライブ位置が視認できない 課題③ スクライブに最適な刃先角度の設定・保持が困難 課題④ ウエハがうまく固定できない 課題⑤ スクライブ時の荷重コントロールが困難... Continue Reading →