Page 1
bulletin-board-2771786_1920

日本と中国の企業文化について

日本人は自分が属する組織や集団を優先する傾向があり、中国人は個人を優先する傾向があります。一般的な日本企業では、社員を個人という存在ではなく、組織の一員として位置づけており、全員で協力して仕事を進めていく集団主義を重視します。一方、中国ではたとえ組織の一員だとしても、一人一人の能力や成果を最も高く評価します。「個人主義」の考え方が浸透しています。協調性や和を大切にする考えを持つ日本と、個人レベルで... Continue Reading →