Page 1
TOP

テクダイヤ製3Dプリンターヘッドノズルが選ばれる2つの理由

現在、市場で流通している低価格帯の3Dプリンターは、樹脂を溶かして積み上げるFMD方式です。レーザー焼結法などの他の造形方式に比べると、精度が低く、仕上げ加工(切・研削、熱処理など)の必要があります。その手間を省くには、細部まで精密に精度の高い造形を可能にする3Dプリンティングが必要とされていました。 ... Continue Reading →
3d-printer-3311587_1280

用途に合わせた3Dプリンティングを!3Dプリンティングの種類について

3Dプリンティングとは、3Dプリンターを使用して立体物を形成する事です。その3Dプリンターは利用者によって「個人向けのパーソナル3Dプリンター」と「企業向けの業務用3Dプリンター」に分かれます。個人用は安く購入できますが性能は業務用に劣り、反対に業務用は価格が高くなりますが再現性や強度の高い造形物を作ることが可能です。3Dプリンティングの手法には、切削加工もありますが、合成樹脂などの材料を層のよう... Continue Reading →
79661335_472222280087426_7150120756762902528_n

【3Dプリンター用ヘッドノズルの開発】ディスペンサーノズルの切り替えで、より精密な3Dプリンティングを

3Dプリンターでは、材料の吐出口となるヘッドと呼ばれる先端部品にノズルを使用します(*FDM方式)。3Dプリンターはそのままに、ヘッドの切り替えで従来品よりも精度の高い造形を実現します。     *FDM方式 Fused Deposition Modeling(FDM) / 熱溶解積層方式は、3Dプリンティングの造形方法の1種。樹脂などの材料を溶融し、プ... Continue Reading →
テクダイヤ製ディスペンサーノズルで積み上げるインプラント

3Dプリンティングによる乳がん患者の乳房再建

乳房再建手術には、シリコンインプラントを使用した人工物による再建や、患者の弁を使用した自家組織による再建が一般的ですが、それぞれに利点と欠点がありました。シリコンインプラントによる再建では、術後の痛みがほとんどなかったり、再建のために新たな傷を増やす必要がありませんが、本来の乳房のような温かさを感じにくかったり、10年ごとの入れ替えが必要です。自家組織による再建では、人工物を使うことはないものの、... Continue Reading →