特殊健康診断・特殊歯科検診

「特殊健康診断」とは、労働衛生上健康に有害な業務に従事する労働者を
業務上疾患から予防するために行う、健康診断のことです。
特別な検診項目があり、どのような業務を行っているかによって、健康診断の内容が異なります。

1)特殊健康診断とは
2)特殊健康診断の種類
3)テクダイヤで関係のある特殊健康診断
4)歯科医師による健康診断(特殊歯科検診)

1)特殊健康診断とは

事業者は、一定の有害な業務に従事する労働者に対し、

医師による特別の項目について健康診断を行う必要があります。

労働安全衛生法により定められており、

健康診断の記録は5年もしくは、30年保管をしなくてはなりません。

また、このうちの一部の業務については、その業務に従事しなくなった場合も、

その者を雇用している間は、

医師による特別の項目について、健康診断を定期的に行う必要があります。

 

特殊健康診断の結果から、業務配置の変更を決めたり、就業場所の変更をおこなったり、

労働時間の短縮や、特別項目に関する薬品等を使用できる時間を制限するなどの

措置を行うこととなります。

2)特殊健康診断の種類

労働安全衛生法で定められている、特殊健康診断の項目は7つあります。

① 高気圧業務

② 放射線業務

③ 特定化学物質業務

④ 石綿業務

⑤ 鉛業務

⑥ 四アルキル鉛業務

⑦ 有機溶剤業務

 

この7項目に当てはまる業務を行う方々には、

健康診断を受けて頂くこととなっています。

 

健康診断をおこなったら、

しっかりと労働基準監督署への届け出も行います。

3)テクダイヤに関係のある特殊健康診断

テクダイヤでは、7つの特殊健康診断のうち、3項目に当てはまります。

 

【 放射線業務 】

私の所属するHCTグループでは、膜厚を測定するため、X線が使用される装置を使用しております。

もちろん、安全に使用できるような装置で、

X線が出ているときは扉が開かない構造にはなっておりますが、

社員全員が安全に、安心して業務に取り組めるように健康診断は欠かしません!

 

【 特定化学物質業務 】

【 有機溶剤業務 】

本社のある田町でも、研究室のような工場があります。

沢山のお客様が、本社にいらっしゃいますが、

「 東京のど真ん中に工場があるんですね?! 」と驚かれることもしばしば…

本社では、サンプルを製作したり、開発をおこなったり、不良改善のための実験をしたり

日々、今よりも良いものを製作しようと実験の繰り返しです!!

生産過程で使用される、特定化学物質や有機溶剤は健康診断対象なのです。

 

自分のグループだけでなく、他部門で使用する薬品は健康診断の対象なのか、

法改正され、新しく規制のかかった薬品を使用していないか、

安全衛生委員、および、衛生管理者はしっかりと把握している必要があります!

4)歯科医師による健康診断(特殊歯科検診)

塩酸、硝酸、硫酸、亜硫酸、弗化水素酸、黄りんその他

歯又はその支持組織に有害な物のガス、上記又は粉じんを発散する場所における

業務に常時する労働者には、6ヶ月以内ごとに歯科医師による健康診断を必須項目としています。

 

「え!!歯医者さんにもいかなくてはいけないの?!」と

私が新入社員だったときには、驚いたものです。

 

写真を撮って、

歯が溶けてしまっていないか、半年前と変わったところはないか…

を確認していきます。

年に1回の定期健康診断の他に、

年に2回の特殊健康診断に、特殊歯科検診…

衛生管理者見習い中のyona.ですが、健康診断だけでも覚えることがいっぱいです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)