Page 1
スライド1

ロックウェル硬さ試験について

その中で今回はロックウェル硬さ試験について調べました。   1919年ロックウェル氏が考案した試験方法でウィルソン氏(アメリカ)が実用化、 世界的に工業界で最も使用されているそうです。   測定方法 試験面にダイヤモンド圧子または鋼球圧子を用いて基準荷重をかける。 次に試験加重を掛ける 最初にかけた基準荷重に戻す ①と③... Continue Reading →
electronics-4972649_1920

「化学って繊細」文系卒2年目が感じる半導体製造業 ~ワイヤーボンディング編~

まず最初に回路基板の出荷検査の一つであるワイヤーボンディング試験の流れから説明します。 大まかに3つのプロセスがあります。 ワイヤーボンディング試験を行う目的は回路基板の電極の密着性や接合強度の確認です。   ① ダイボンディング(ダイアタッチ) チップ(回路基板)をキャリアやパッケージに接着することです。 AuSn(金スズ)や銀ペースト(エポキシ... Continue Reading →
background-3909536_1920

散布図とは?散布図の見方&作り方を紹介!

散布図は、分布図もいう、分布を表現するために使うグラフのことです。 あるデータを元にして、二つの計量値の項目を座標面の縦軸と横軸にして、データが該当する場所に点をプロット(打点)することでグラフに情報を書き込んでいきます。 散布図では、座標平面上の点のバラツキを見ることで、2つのデータの関係を把握できます。 その2つのデータには、次の3種類があります。   &n... Continue Reading →
learn-2405206_1920

分散の加法性について

分散の加法性とは、2つの確率変数XとYがあって、XとYが独立で正規分布するとき、 XとYを合わせたものの分散は、X、Yそれぞれの分散を足し合わせたものに等しいというものです。 式で表すと、 V(X±Y)= V(X)+V(Y) 定数を含む場合の一般式は、 V(a1X1+a2X2+・・・+anXn)= (a1)^2・V(X1)+(a2)^2・V(X2)+・・・+(an)^2・V... Continue Reading →
gear-1674891_1280

QCパトロールとPDCAの大切さ

現在、セブ工場では毎日QCパトロールを行っています。なぜQCパトロールをするのか、そこには二つの目的があります。 現場にルール違反や危険な行為がないか確認のため 現場での作業実施にあたり、適度な緊張感や集中力を維持させるため。PiNC(故意に標準手順を守らない)の防止にもなります。 簡単に言えば、パトロール員は工場内の警察官のような感じです。 パトロール員はオペ... Continue Reading →