Page 1
Image(6)-1

はじめてのものづくり体験 私のものづくり人生のはじまり…?

こんにちは。品質保証部のたまごです。   今日は、息抜きの記事ということで、私が初めてものづくりをしたときの話を書こうと思います。 本当に初めてつくったものではないですが、技術者ブログに書けそうな、 一番古いエピソードということで。   小学3年の、夏休み。   とにかく暑い。 暑すぎる。 自分用の扇風機が欲... Continue Reading →
Image(2)-6

製造業の品質保証部、はじめて手順書をつくった話

今日は、配属後はじめて一人でやった仕事、「検査手順書の作成」のことを書こうと思います。 手順書とは、ざっくり言うと、「誰がやっても全く同じ作業をできるようにする指示書」のことです。   配属されてしばらく経ったころ、私はとある製品の検査を教えてもらっていました。 その製品は、検査の手順が複雑で、さらに非常に検査時間のかかる製品でした。 先輩が実際に検査してい... Continue Reading →
IMG_0009

「CIOE2019」、「新技術創出交流会」に出展しました! ~9月展示会まとめ~

9月4日~9月7日、中国深センにて行われた「China International Optoelectronic Exposition(CIOE2019)」。詳しくはこちら。 この展示会は、光通信、情報処理、半導体加工、医療、 ディスプレイなどが出展する、世界規模の通信技術展示会です。   [caption id="attachment_7648" alig... Continue Reading →
mask_man

品証部とリスクマネジメントと私

一般に品質保証部が日々使う言葉は、 QA、QMS、SPC、FMEA、DRBFM、ISO… 品質保証の世界には略語が多く、知らない人にとっては難しいイメージがあるだろう。   今日はリスクマネジメントの話をしようと思う。   リスクマネジメントとは、Risk Management。 直訳すると、リスク管理。 意味は、これから起きるか... Continue Reading →
plane-2662098__340

ダイヤモンドツールとアクロバット飛行機の不思議な関係

半導体の基板を切断するための一手法であるダイヤモンドスクライビングの始まりは、ガラス切断に始まる。硬いものでも傷をつけると、その傷を起点として破壊されることはありふれた現象であるから、板状のガラスをダイヤモンドのような硬いもので傷をつけて割る「ガラス切り」を誰が始めたのか探ることは難しい。だから半導体が世に生まれ、その基板を切るためにダイヤモンドが用いられたことはある意味自然の流れだろう。 ... Continue Reading →
lathe-4021097_960_720

知ってたら役に立つかも!?機械加工屋さんの業界用語

失敗して使い物にならなくしてしまうこと。 加工ミス・製品不良などで廃棄となってしまうもの(材料)。 お釈迦さまに申し訳ないような表現ですが、 次は失敗を繰り返さないようにと、お祈りしながら廃棄しております。。... Continue Reading →