太陽の周りに光の輪っか?!日暈/月暈ってどうして発生するの?

はじめに

こんにちは☀ yona.です。

先日、プレミア12で侍ジャパンが日本一になりました!

私も、野球シーズンには、横浜スタジアムに足を運びます。目的は野球観戦ですが、スタジアムの上段の席は、いつもより空が近く感じられます。

今日は…技術ではなく…空(天気)にまつわる、神秘的なお話をさせていただきます!

日暈・月暈ってなに

皆さんは、日暈(にちがさ・にちうん)、月暈(つきがさ・げつうん)を見たことはありますか?

どんな現象かというと…月や太陽の周りに、光の輪があるようなものをいいます!

00c34a0c9e02633c24455dd8221369e7_l (2)

日暈:太陽の周りの光の輪

967dfda98de6476fb76c0be524b85997_t

月暈:月の周りの光の輪

 

更に、日暈では、周りの輪が虹色に見える場合もあります!

e0fe46b3b178f4c05f77058b4086a9d9_t

 

以前、ブログでご紹介した「天使のはしご」も「見ると幸せになれる!」といわれていますが、この現象も「見た後に良いことが起きる」「吉兆現象」だと言われています。そんなことを言われると…絶対見たいですよね!!

では、一体、どうして・どんなときに、この現象が発生するのでしょうか。

ハロ現象

この現象は別名「ハロ現象」ともよばbれている大気光象で、一定の機構の条件を満たすと現れます。

大気中の水滴や氷晶(雲や霧など)によって、太陽または月の光が反射・屈折・回折などを起こすことによって見える光学現象とされています。

暈は氷晶からなる上層雲が現れた時、プリズムが発生し光の輪ができます。この上層雲は多くの場合、対流圏上層に発生する氷晶からなる雲で、巻層雲や巻積雲、巻雲であることが多いそうです。

  1. 太陽が真上にあるくらい、高い位置にいること
  2. 太陽が透けて見えるくらい薄い雲が広がっていること

この条件を満たすと、傘を見られることがあるそうです!

 

太陽の周りに虹がかかるなんて神秘的ですよね☆

空の上の偶然が重なり合ってできる吉兆現象!遭遇することができれば、きっと良いことが起こるはず!……ですが、この現象が見られた後には、雲が厚くなってくる場合があるそうです。それが天気が下り坂のサイン!傘をお忘れなく。

 

気象庁

https://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/faq/faq13.html

ウェザーニュース

https://weathernews.jp/s/topics/201711/140095/

 

関連記事

見ると幸せになれる?!「天使のはしご」の現象を考えるお話。

 

yona.

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)