中国で商売するなら必須!中国の宴会マナー

今世の中で商売するなら、グローバル市場と向き合わないと、市場拡大が難しくと考えられます。
近年中国市場は拡大しており、日中間の商売は年々増えています。
中国の商業習慣を知らないと商売するのはなかなか大変だと思います。
では、宴会文化から中国の商業習慣を簡単に紹介いたします。

はじめに

CggYGlbP41GAbJ8UAAMrB22DeME578_R_710_10000_Q90

中国の飲食文化は長い歴史があります。

中国人が料理を作るのは上手、食べるのが好きということは世界中で知られています。中国でビジネスにおいても、食事は大きな役割を果たしています。ビジネスディナーで商売の行方を決定するケースは少なくないです。

では、中国の宴会マナーは何でしょうか。

1.時間厳守

食事は中国の人にとって、とても大切な時間です。時間厳守は基本です。

特に招待側の人、30分前に到着しておきます。食事開始までの間に、料理を注文したり、お店の責任者と相談したりして、宴会が順調に進めるように、事前準備をしっかりします。

仕事で食事を遅れるのはほとんどないす。時間になったら、食事が開始するのは一般です。

2.座り方

正式な中華系食事は、基本丸いテーブルです。レストランでは、招かれた側の一番目上の人が入り口から1番遠い奥の席向に座ります。

もし人数が多く、いくつかのテーブルが存在する時に、ドアから離れ、テレビが真っ直ぐに見えるところは上座です。

注文を取り仕切る人は入口に近い席に座ります。食事中に、店員さんはその隙間から、料理を運びます。食事中の手伝いや、料理の注文、会計なども担当します。

その他の席について、交流が深めるため、接待側と接待を受ける側が交互に座ります。

3.料理の選び方

日本と異なり、料理が余るのがいいことです。

完食した場合は招待側は料理がまだ足りなかったと勘違い、注文し続けます。招かれた側にも、招待側にも負担になるでしょう(笑)。

もう十分だと思ったら、適当に残るのは正解です。

料理の種類について、魚料理は必須です。魚は中国語で余りと同じ発音で、何でも余り、豊かな意味をしています。

また1品以上の高級料理も必要です。必ず価格は高いわけではなく、お店の看板料理とか、シェフのおすすめなどのような料理は良いでしょう。

その他の料理について、人数が合計10人前後の場合、「冷たい料理8つ、温かい料理8つ」、「肉料理4つ、野菜料理4つ」、といったルールがあります。

人数が多い時は人数に合わせて、料理の数を増えます。

また、お客様が来てから、お客様が自分の口に合わせ、もう1回注文してもらいます。

4.お酒の飲み方

お酒がないと、宴会は成り立たないということわざがあります。

お酒の種類について、白酒(バイジョウ)が多いですが、最近ビールやワインなども少しづつ増えています。

最初の乾杯はみんな一気に飲みます。ちょい残りはマナー違反です。お酒が弱い人は無理に飲ませることがないので、お酒の代わりに、ソフトドリンクで乾杯しても構いません。

また中国における乾杯は、冒頭以外、宴会の進行中に何度も行います。

誰かが音頭を取り、全体で行う場合もあるし、少人数や1対1で行うこともあります。宴会の席でお酒を勧められた時に断るのはマナー違反です。勧められたら飲みましょう。

お酒の飲み方について、勧めたり、勧められたりして飲むのは中国の習慣です。何も言わず一人で静かに飲むのが宴会でやめましょう。

 

終わりに

以上を見て、中国の宴会文化を少し分かるようになったでしょうか。

ビジネスディナーのことで、緊張する人がいるかもしれないが、中国で宴会の場で雰囲気を悪くすることがマナー違反です。

ちょっとリラックスにして、楽しんだほうがよいと思います。

宴会に誘われたら、是非とも上記のことを活用してください。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)