マスクの種類と選び方~用途に合ったマスク選びを~

世界中で、新型コロナウイルス(COVID-19)が流行しており、弊社も、全社的にフレックスタイム制になるなど、感染拡大を防ぐために取り組んでいます。

今回の新型コロナウイルスで話題になっているのが「マスク不足」です。弊社は田町にある工場にも、セブにある量産工場にも、クリーンルームが備わっています。クリーンルーム内はマスク着用が義務付けられており、マスク不足はクリーンルームで作業する私たちにとって、とても重要な問題となります。
マスクにも様々な種類があることをご存じでしょうか。今日は、皆さんが普段使用している「マスク」についてお話しできればと思います。

マスクの種類

マスクは基本的に3種類に分けられます。

 

家庭用マスク

風邪や花粉症などで、一般的に皆さんが使用するマスクは「家庭用マスク」に分類されます。様々な種類があり、最近では、色がついているものや、キャラクターもの、小顔に見えるマスクといった、見た目が可愛くファッション性に優れているものから、メガネが曇らない・耳が痛くならない等の機能性に優れているものまで様々です。

 

産業用マスク

粉塵やガスなどの吸入防止のために使用するマスクで、防塵マスク・電動ファン付き呼吸用保護具・防毒マスク・送気マスクなど、作業環境下によって最適なマスクを使用します。弊社でも薬品を使用するときには、有機溶剤用や酸用の防毒マスクを着用します。

 

医療用マスク

サージカルマスクとも呼ばれ、主に医療現場で使用されているマスクです。医療用マスクは、ウイルスから自分の身を守るのではなく、マスクを装着した人から排出される微生物や粒子を防ぐ効果があり、外科手術等で使用されています。

マスクの選び方

自分が何を防ぐためにマスクを着用するのかが大切です。「花粉」なのか「インフルエンザウイルス」なのか…自分がマスクをする理由が大切です。

マスクは防げる粒子の大きさが、種類によって異なります。そのため、防ぎたいものが小さければ小さいほど、バリア性が高いマスクを使用しなくてはいけません。

目的に合ったマスクを着用することによって、自分の身を守ることができます。本来であれば、自分が防ぎたいものにより、使い分けをするのがベストな使用方法ですが、ウイルスも花粉も防ぎたい場合は、風邪用のマスクのほうがバリア性は高いので、お勧めです。

201506261245101284777

世界中がマスク不足で、本当に必要な人にマスクが届いていない、マスクの購入をめぐり警察沙汰などというニュースを目にします。

マスクをつけることでの安心感はありますが、万能ではありません。ウイルスには手洗いが良いと言われています。マスクをすることも、とっても大切な身を守る手段ではありますが、何かに手で触れた後、顔を触ったりマスクを触ったりするので、何よりも手洗いをすることが大切だとのことです。

自分にできることから、ウイルス対策をしていきましょう!

 

【関連記事】

ものづくりを支える、テクダイヤこだわりのオフィスを紹介します。

意外に深くまでは知らなかった職場環境-クリーンスーツの重要性-

 

yona,

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)