業界専門用語:同じ単語でも、業界が変わると全く違う意味に捉えられる?!

各業界に様々な専門用語があることは、多くの方がご存知の事かと思います。

製造業も同じです。

 

弊社テクダイヤの製造工場(通称:CMI)には、大きく分けて3つの製造部門があります。

・セラミック応用製品(単層コンデンサ、セラミック回路基板、など)

・精密機械加工製品(ノズル、ニードル、など)

・半導体組立・実装製品

 

同じ工場であっても、各製造現場では独自の用語があれば、全部門共通の用語もあります。

言ってしまえば、CMIという国の中で使われる方便&標準語といった感じでしょうか。

 

ところで皆さん、「ドカ停」という言葉を聞いたことありますか?

 

これは、設備稼働率などに関わる専門用語なのですが、

ドカ停=設備や生産が、長時間にわたり(ドカッと)停止したり空転したりする状態を意味します。

 

設備エンジニアが不在となる夜勤や日祝日の稼働日には、起きてほしくない内容。

生産管理者は「ドカ停」という単語を聞くと、ドキッとしてしまう、胃に負担がかかる、あまりフレンドリーでない用語です。

 

ところが。。。実は、ちょっと前に知った事なのですが、

他の業界でも同じ単語=ドカ停を使い、しかも良い意味で捉えられているとの事。

どの業界だか、想像つきますか?

 

正解は、写真撮影を行うフォトグラファーや写真家達で、特に鉄道の写真を撮る人々です。

 

調べてみると、鉄道・電車が長時間停車している事をドカ停と呼ぶらしく、この時間はフォトグラファーや写真家にとっては、絶好のシャッターチャンスになるみたいです。

 

 

同じ単語でも最悪と最高の意味を持つ用語になるとは、不思議ですね。

 

もしかしたら、「マジか、最悪!」と思っても、「いやいや、XXXX業界にとっては、これ以上ない嬉しさ!」といった、所変われば品変わる的な感じでしょうかね。

 

どうですか?皆さんの業界にも、このような用語はありますか?

 

 

CMI 青木

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)