製造業の品質保証部、はじめて手順書をつくった話

今日は、配属後はじめて一人でやった仕事、「検査手順書の作成」のことを書こうと思います。

手順書とは、ざっくり言うと、「誰がやっても全く同じ作業をできるようにする指示書」のことです。

 

配属されてしばらく経ったころ、私はとある製品の検査を教えてもらっていました。

その製品は、検査の手順が複雑で、さらに非常に検査時間のかかる製品でした。

先輩が実際に検査しているのを見ながら、手元も見ずにメモして、メモしながら作業を手伝って…という忙しさ。

昔やっていた、飲食店でのアルバイト初日を思い出します。

 

検査の研修が終わった時に残ったものは、説明を聞きながら書いた、30ページ以上のミミズ文字で埋まったノート一冊だけ…。

Image(2)-1

(十字あるやい?)

 

Image(2)-2

(反対??がわに で? うごかく?)

 

このように、見たら笑える、そして見てもわからないノートが完成しました。

(もっと意味不明な部分もたくさんあったのですが、社外秘と思われるため割愛。)

 

「どうしよう、次ひとりで検査しろといわれても、同じ検査は絶対できない…!」

そこで、半分は今後入ってくる後輩のため(半分は自分のため)、手順書をつくることにしたのです。

 

ただ、手順書を作り始めると、

「これ、私はわかるけど、他の人には伝わらないのでは?汗」という文章が多く、

毎日書いては修正する日々。上司の赤ペンも増えていく一方。

手順書づくりというのは、言うほど簡単じゃない、という現実にぶつかります…。

 

丁寧に誰にでもわかるように、を意識して毎日毎日書き続けました。

そして、できたドキュメントファイルは73ページ、容量17MB。

 

Image(2)-5

…17MB!!!???

超大作すぎます。本でも出版する気なのか。

 

ということで、私の検査への愛を詰め込んだページたちを泣く泣く削除。

最終的には、もっと小さいサイズになり、良い評判の手順書ができました(と信じています)

誰にでもわかるように説明する、というのはとても難しいですが、

あのときの経験はいい経験になったなあと思います。

 

品質保証部 たまご

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)