【3Dプリンター用ヘッドノズルの開発】ディスペンサーノズルの切り替えで、より精密な3Dプリンティングを

近年の3Dプリンターの普及は、ものづくりの現場にも大きな変化をもたらしています。これまで金型を必要としていた試作に3Dプリンティングを用いることで、時間や初期コストの大幅な削減が可能となりました。当初課題だった精度や強度の問題も、3Dプリンターの技術改革や材料メーカーの研究開発で解決し、活用用途が広がっています。ディスペンサーノズルの専門家であるテクダイヤは、より精密な3Dプリンティングを可能とする「3Dプリンター用ヘッドノズル」を開発しました。

従来品との比較

3Dプリンターでは、材料の吐出口となるヘッドと呼ばれる先端部品にノズルを使用します(*FDM方式)。3Dプリンターはそのままに、ヘッドの切り替えで従来品よりも精度の高い造形を実現します。

 

比較

 

*FDM方式
Fused Deposition Modeling(FDM) / 熱溶解積層方式は、3Dプリンティングの造形方法の1種。樹脂などの材料を溶融し、プリンター先端のノズルから吐出して造形物を成型します。多彩な材料に対応し、操作が安易なことから家庭用3Dプリンターはじめ、製造現場での試作などにも使用されています。

 

3Dプリンター用ヘッドノズル開発の背景

150μmノズル(加工後)

 

ノズルの先端内径は小径になるほど精巧なプリントが可能ですが、使用する材料が詰まる問題から業界では先端内径200μmが最小径とされています。しかし、先端内径200μmのヘッドでは造形物の精度に限界がありました。そこでテクダイヤでは先端内径150μmの3Dプリンター用ヘッドノズルを開発。熱伝導率の高い真鍮を使用し、テクダイヤ製ディスペンサーノズルの特長である中心ズレのない小径穴あけや、内部に段差のないテーパー形状の適用が今回の開発成功のカギとなりました。

 

関連サイト
ディスペンサーノズル(ARQUE)

テクダイヤのディスペンサーノズル

小径穴あけを得意とするテクダイヤは、最小内径30μmまでのディスペンサーノズルをラインナップ。バイオマテリアルプリンティングなど、精度と品質を重視する再生医療業界でも採用されています。3Dプリンティングにおいて微細形状のプリンティングにお悩みの方は、ぜひテクダイヤへお声がけください。ディスペンサーノズルの専門家として、材料や用途に合わせたテクダイヤならではのソリューションを提供いたします。

おススメ人気記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)