日本の当たり前は通用しなかった。フィリピンと日本の違い~時間編~

フィリピンに訪れた人は、知っているかもしれない。

≪フィリピンタイム≫という、フィリピンならではの時間のルーズさを表現した言葉。

 

約束の時間に来ないのは、当たり前。

早く行くことが、逆に悪だとすら感じている。

 

一方、意外な事に、出社時間はある程度守られていると感じる。

そんな中、それよりも一番守られているのは、退社時間。

 

どれだけ大きな問題が発生していても、終業時間になるとそそくさと帰っていく。

日本人だと、そうはいかない。

 

日本人が頑張りすぎているだけなのか、と逆に思ってしまう場面である。

 

そんな彼から、私は学んだ事がある。

別に焦る必要はない。

焦るよりも、落ち着いて考えて、対処すべき。

 

そんな風に考えられる様になった。

彼らから、ゆとりを教えてもらった瞬間だった。

 

さて私の話より、フィリピン人にいかに時間を守らせるか。という話をしよう。

(※以下、私の独断と偏見による意見です)

 

遅刻してきたものにいくら叱っても、全く効果がない。

遅れたのは、私のせいじゃない。仕事ちゃんとするからいいでしょ。

そんな具合だ。

 

彼らは嬉しいや楽しい、悲しい等の感情を大きく重視するという事。

ルールを守らない時に、私が悲しい、可哀相(Luoyロオイ)と思わせる事で結果的にルールを守ってもらえる事がある。

Naguol ko(俺は悲しい)と言うことによって、物凄く悪い事をしてしまったと感じる。

 

つまり、彼らは《ルールや規則<感情》で動いている。

単に仕事を押し付けるのではなく、彼らの行動の基盤となっているものを刺激し

共に仕事をしていかなければならない。

 

ルールで動く日本人。

感情で動くフィリピン人。

 

郷に入っては郷に従え。

気持ちはきちんと伝えろ。

 

第2技術Gr. TAKA

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)