信頼性試験「Reliability Test」

"製品はおかれた、環境下でどのくらい(時間、日、年)の品質を維持できるか?"
"ある特定の状況下にさらされた場合の製品寿命はどのくらいになるのか?"

製品の信頼性は、メーカーだけでなく消費者にとっても重要です。
消費者が製品を購入する際、その製品がどのくらいの期間、どのくらいの性能を発揮してくれるのか考えます。信頼性試験の一つの手法として、製品を様々な環境条件下におき、製品の耐用年数を特定ものがあります。

(1)信頼性試験とは?

下記が信頼性試験の目的です。

⇒製品の耐久性を一定の条件下で試験すること。

⇒故障率を把握すること。

⇒必要に応じて、製品の信頼性と寿命を向上させるための方法を提案すること。

reliability test

(2)どのようなテストをどのように行うのか?

以下は弊社が扱うコンデンサ製品の信頼性試験で、最も一般的なものです。

a.電圧エイジング*

b.ライフテスト*

c.耐湿試験*

d.塩水浸漬試験*

*電圧エイジング

電圧エイジングの目的は、すべての部品を所定の試験電圧±5%に、定められた時間と温度で曝すことです。製造ロットから初期死亡率の高いコンデンサを排除するために行われます。

*ライフテスト

最大定格電圧、最大定格温度で行うライフテスト。アクセラレーションファクター。

最大定格温度で最大定格電圧の200%で得られたライフテストデータを関連付けるために8:1の加速係数を使用しています。

ライフ(at +125℃)。コンデンサは,MIL-STDに準拠して試験します。

試験を行った場合、コンデンサは以下の要件を満たすものとします。

a.目視検査。機械的損傷がないこと。

b.絶縁抵抗(+125℃の場合)。初期要求値の30%以上であること。

c.絶縁抵抗(at +25℃):初期規格の30%以上 初期規格の30%以上とする。

d.静電容量の変化は,初期値から公称値の2.0%を超えてはならない。

*耐湿試験

85℃×85%の相対湿度の環境下に240時間以上放置した場合。

時間以上 サイクリングは行わない。直流電位差を印加すること。

*塩水浸漬試験

MIL-STDに規定されている試験を行った場合、コンデンサは以下の要件を満たすものとします。

a.目視検査。機械的損傷がないこと。

b.誘電体の耐電圧

c.絶縁抵抗 (+25℃): 初期要求値の30%以上であること。

d.静電容量変化率は,初期値から公称値の0.5%以下とする。

製品があるおかれた環境下で機能するかどうかを判断するためには、「時間軸品質」の原則を忘れてはいけませんならない。製品の信頼性は、開発の段階でさまざまなテストを行うことで、時間の経過とともにどの程度の性能を発揮するかを観察することができます。

Hum Test Chamber

おススメ関連記事

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)