「植物を育てて考えたこと」

毎年咲いていたトケイソウが咲きません!
遠い世界で起こっていると思っていた地球温暖化の波が我が家の庭にも・・・。

皆さんはトケイソウと言う花をご存知ですか?

花の形が時計の文字盤を思い起こさせることからトケイソウ(時計草)と呼ばれる熱帯植物です。品種は500種類以上あると言われ色々な花のバリエーションが楽しめます。

パッションフルーツも同じトケイソウの一種です。

つる性の植物で5-10月までの間に開花します。(種類がたくさんあるので種によって期間は異なりますが)

栽培場所は、水はけが良く、日当たりの良いところが適しています。

耐寒性に優れ、地植えでも簡単に育てられます。

また水やりや肥料でそれほど手がかかることなく丈夫で育てやすい植物です。

 

我が家でも数年前に地植えをし、根付く前に肥料をあげただけで、しっかり成長。

10-11月にかけて紫の花が咲くのを楽しんできました。

7120fccc-2d8f-4784-8878-0f707289f52d

 

ところが今年は、つるが伸びてきません。

そのうち伸びてくるだろう・・・と思っているうちに9月が終わってしまいました。

原因は成長する時期である8月に雨が多く、9月になっても気温が下がらなかったことだと思われます。

地球温暖化問題が我が家の庭にも及んでいるなんて・・・とびっくりしました。

ほんの小さなことですが、使っていないコンセントを抜いたり、冷房・暖房の使いすぎに

注意するなど個人レベルで出来ることは改善しようと思います!

また植物や動物を育てることは、人にとって新たな気付きを与えてくれるものだと感じました。

必要なときに乾いた土や温度を与えてあげられないと花は咲かない・・・きっと人間も同じだと

思いました。

求められている時に必要なものを差し出せるような仕事が出来る人になろう!と思った秋でした。

 

 

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)