Page 1
プレゼンテーション1

セラミック加工技術 ~ナノレベルの調整にトライ!~

詳しくは説明できないが、セラミックに”ある物”を付けて欲しいと言う依頼でした。 この案件は、すでに2回の試作がされており、どちらもダメと言う結果であった。   その内容は、 試作1:セラミックをポリッシュ研磨し、平滑な面の上に”ある物”を付ける。 結果:表面は平滑で良いが密着強度が弱く、すぐに剥がれてしまってダメ。   試作2:今度は、... Continue Reading →
絵具

セラミックスの開発をスピードアップするための小技。

技術開発や製品開発の中で、特に開発初期の段階では、同時に似たような、調整という程には差が小さくないサンプルを大量に仕込んだりすることがあります。このようなサンプルは、味見と称してある程度大雑把に条件を振って、開発の方向性や状況把握のために行なわれることが多いと思います。技術に関わっていれば大なり小なりこのような状況の開発を経験された人も多いと思いますし、あるいは現在進行形で経験されているかもしれま... Continue Reading →
BillyMills_Crossing_Finish_Line_1964Olympics

仕事のモチベーションは、どうやってキープするの?

カフェのスタンプカードとお仕事は、どんな関係を持っていますか?   関係ないよ、と思われるかもしれません。 そもそもスタンプカードなんか使いません、という方もいるでしょう。 では、別の問いをします。   あなたは仕事に対するやる気、モチベーションをどこからもらいますか?   この前、全く仕事と関係ないコラムを読んでいたの... Continue Reading →
kiban160309250I9A2687_TP_V

電子機器の評価とうっかりミスの話

電子機器や通信機などを評価するときに、部品を交換したり回路定数を調整したりすることがあります。その際、ついうっかりして、通電している部品にハンダゴテをあててしまうことはないでしょうか。 電子機器に使用される電子部品は、静電気に弱いものが多く、その対策として、コテ先が接地されているハンダゴテを使用するケースが多いと思います。この場合ですと、回路をショートさせてしまうので、部品を焼損させてしまう... Continue Reading →
キャプチャ

クリーンルームをクリーンに保つためには?パーティクルを測定してみよう!

実験場所:テクダイヤ本社内クリーンルーム 使用機器:パーティクルカウンター 使用機器メーカー:リオン株式会社 型番:KR-12A 試料流量:2.83L/min 1回の測定時間:20秒 作業者:ミルルン 服装:クリーンスーツ、クリーンマスク、クリーンルーム用手袋着用 実験日:2019年8月5日及び6日   実験内容一覧表 ... Continue Reading →
pizza_mawashi

フォトリソグラフィのいろは~塗布編~

大変ご無沙汰しております、ねねです。 最後の更新から1年以上経っていたようで、サボっててすみません・・・   さて、久しぶりの記事に何を書こうかと考えていたんですが、 今回は"レジスト塗布"について書いてみようと思います。 ・塗布について まずレジストの塗布とはコーティング技術です。 そしてコーティング技術には様々な以下のように手段が存在... Continue Reading →