Page 1
79661335_472222280087426_7150120756762902528_n

【3Dプリンター用ヘッドノズルの開発】ディスペンサーノズルの切り替えで、より精密な3Dプリンティングを

3Dプリンターでは、材料の吐出口となるヘッドと呼ばれる先端部品にノズルを使用します(*FDM方式)。3Dプリンターはそのままに、ヘッドの切り替えで従来品よりも精度の高い造形を実現します。     *FDM方式 Fused Deposition Modeling(FDM) / 熱溶解積層方式は、3Dプリンティングの造形方法の1種。樹脂などの材料を溶融し、プ... Continue Reading →
テクダイヤ製ディスペンサーノズルで積み上げるインプラント

3Dプリンティングによる乳がん患者の乳房再建

乳房再建手術には、シリコンインプラントを使用した人工物による再建や、患者の弁を使用した自家組織による再建が一般的ですが、それぞれに利点と欠点がありました。シリコンインプラントによる再建では、術後の痛みがほとんどなかったり、再建のために新たな傷を増やす必要がありませんが、本来の乳房のような温かさを感じにくかったり、10年ごとの入れ替えが必要です。自家組織による再建では、人工物を使うことはないものの、... Continue Reading →
Electron takes off

3Dプリンティングロケットで宇宙へ??宇宙開発の新しい時代の始まり、Rocket Labがニュージーランドで打ち上げ成功。

Rocket Lab (米国)は5月25日に「エレクトロン」の打ち上げに成功しました。エレクトロンは17メーターのバッテリ駆動ロケットで、ニュージーランドの北島から宇宙へ打ちあがりました。エレクトロンは24時間でプリンティングされたエンジンを使用しています。 Rocket Labは2017年末から商用打ち上げを開始する予定です。150kgのペイロードを500kmの南北軌道に上げる計画らしいで... Continue Reading →
Photo①

バイオマテリアルプリンティング(3Dバイオプリンティング)

バイオマテリアルプリンティングとは、3Dプリンター技術を用いた人工臓器生成のことを言います。液体状のバイオマテリアルと患者の細胞を積み上げていくことで実現する再生医療のひとつです。米国では毎日18人の患者が臓器移植手術待ちながら、ドナーが見つからずに亡くなっています。(2014年時点)バイオマテリアルプリンティングの広がりで、移植に必要な臓器を作れるようになり、多くの命を救うこととなるでしょう。 ... Continue Reading →
高解像度

3Dプリンティング

3Dプリンティングとは立体物を表すデータをもとに、樹脂を加工して造形する技術。 3Dプリンタの第1次ブームは2000年頃。その後、3DプリンタがIT業界で爆発的ブームを迎えたのは2013年。以降、2014年はウェアラブル、2015年はIoTやドローン、ロボット、インダストリー4.0といったキーワードが続く。2016年以降はIoTは継続し、自動運転やディープラーニングといった人工知能(AI)が業界... Continue Reading →