Page 1
ダイヤモンドスクライバー(InPウェハカット)

高集積化したInPウェハの高精度スクライブ、成功の理由

InP半導体は高機能・高性能である一方、未だ高コストであるという課題もありました。そこで半導体製造会社はInPウェハ1枚当たりのチップ集積率を高くし、コスト削減を図りました。ウェハのストリート幅(切断幅)は50μm以下となり、ウェハのチップサイズは小さいもので170μm×170μm。ストリート幅は狭ければ狭いほどウェハを無駄なく使えるため、狭いストリート幅のウェハを高精度にチップ化することが求めら... Continue Reading →
加工済みIMG_7030

【水晶デバイス用ダイヤモンドピンセット】コスト30%削減に成功

ダイヤモンドピンセットは、水晶デバイス製造装置に取り付けられ、デバイスをつまみ上げるために使用される部品です。従来、主流とされていたセラミック製ピンセットに比べ、ダイヤモンド製ピンセットは摩耗性に優れているため、3倍以上の長寿命化を実現する製品です。 ... Continue Reading →
precious-1199183_960_720

ダイヤモンド加工はテクダイヤ|工業用ダイヤモンドを扱うメーカーがブリリアントカットに挑戦してみた

私たちテクダイヤの社名は「ダイヤモンド」が由来。 ダイヤモンドの商社からスタートしたテクダイヤは現在カタチを変え、 ダイヤモンドスクライバーをはじめとした工業用ダイヤモンド製品を 扱うメーカーとして、さまざまな製品を世に送り出しています。   そんなテクダイヤがダイヤモンド研磨の研修としてチャレンジしたのが、 ダイヤモンド(宝石)といえばこの形! ... Continue Reading →
Scriber

品質保証部の私が工業用ダイヤの外観検査で感じる、ダイヤモンドの美しさ

ということでダイヤモンドの輝きのひみつについて調べてみました。 色石は色調の美しさをを楽しむのに対してダイヤモンドは光の輝きを楽しむことにあるそうです。 光の輝きには3種類あり、ディスパージョン、スパークル、ブリリアンスと言い、この3つの光の要素が揃うことによって、美しい輝きを放します。... Continue Reading →
Scriber

ダイヤモンドスクライブツールメーカーまとめ

テクダイヤのダイヤモンド応用製品を代表する、ダイヤモンドスクライブツールです。創業以来、培われてきたダイヤモンド加工の技術を活かし、各種ウェハに対応可能です。ZnOウェハやSiCウェハなどに用いられた実績があります。 ダイヤモンドスクライブツール - 製品紹介 - ダイヤモンド応用製品 - 製品 ...  ... Continue Reading →
図1

工業用ダイヤモンド6製品、特徴・用途まとめ

①へき開性 へき開性とは、特定の方向に対して割れやすい性質です。ダイヤモンドは硬いので、傷ついたり、割れたりしないと思ってしまいますが、ダイヤモンドが優れているのは、摩擦に対するもの。バームクーヘンや食パンがある一定の方向へは裂けやすいように、ダイヤモンドもへき開性によって、少しの衝撃によって簡単に割れてしまうことがあります。反対にこのへき開性があることによって、硬いダイヤモンドを加工することが... Continue Reading →