Page 1
図1

工業用ダイヤモンド6製品、特徴・用途まとめ

①へき開性 へき開性とは、特定の方向に対して割れやすい性質です。ダイヤモンドは硬いので、傷ついたり、割れたりしないと思ってしまいますが、ダイヤモンドが優れているのは、摩擦に対するもの。バームクーヘンや食パンがある一定の方向へは裂けやすいように、ダイヤモンドもへき開性によって、少しの衝撃によって簡単に割れてしまうことがあります。反対にこのへき開性があることによって、硬いダイヤモンドを加工することが... Continue Reading →
ダイヤモンドピンセット

【新製品】従来の3倍長持ち!「ダイヤモンドピンセット」の開発で、水晶デバイスの製造時間短縮に成功

自動車やスマートフォンなど、私たちの身の回りのあらゆる電子機器に使われる水晶デバイス。電子機器の急速な発展で、より高品質で低コストの水晶デバイスが求められ、製品コストの低減が課題とされています。水晶デバイスを秒単位でつまみ上げるピンセットの先端は摩耗が早く、2週間前後での交換が必須です。製造時間短縮のため、摩耗に強く、かつ、静電気を通すことのない新しいピンセットが必要でした。   ... Continue Reading →
gemstone-3374554_960_720

天然ダイヤモンドと人工(合成)ダイヤモンドの違い

美しい輝きで世の女性を魅了し続ける「ダイヤモンド」。自然界でもっとも硬い鉱物とされるダイヤモンドは、「永遠の絆」や「不屈」の石言葉に、古くから宝石として重宝されてきました。ダイヤモンド=希少、宝石のイメージが強いですが、ダイヤモンドはその硬さを活かし、カッターや、レコード針、研磨剤として工業用としても用いられてきました。   宝飾ダイヤと工業用ダイヤ、全く別の顔を持つダイヤモ... Continue Reading →
glass-blocks-425719_960_720

全部欲しい~!!!カラーダイヤモンド12色まとめ

無色透明のカラーレスダイヤが一般的ですが、カラーダイヤモンドとはその名の通り、色のついたダイヤモンドのことを言います。カラーレスダイヤは、国際権威である*GIA(emological Institute of America)のうち、「D」カラーに分類され、完璧な無色は最高品質として評価されます。ダイヤモンドは通常炭素のみで構成されますが、さまざまな不純物が混ざったり、結晶格子の歪みなどによって結... Continue Reading →
ブログ6

透明なものを測る方法って知ってる?!!

こちらの傷。傷は、底まで貫通していない状態。     テープは透明な上に変形しやすく、非常に測りにくい…。   傷の部分をカットして、断面からデジタル顕微鏡で観察するのが一つの方法です。 ただ、非破壊で測りたい…   ということで、下記方法で観察しました。   ・測定器 X, Y軸だけでなく、Z軸カウンター付き測定器 ... Continue Reading →
q

あなたにもできるかも??廃材集めてダイヤモンドのブリリアントカット(58面体)に挑戦してみた④――パビリオン研磨編

ダイヤ加工研修中の社員に課せられた課題、それは… ブリリアントカット。     え、、いきなりブリリアントカットかよwwと思ったそこのアナタ。 テクダイヤはもっと鬼でした。   テクダイヤでは宝飾ダイヤを扱っていません。 …ということはブリリアントカットのための工具、機材はございません。   ではどうするか。 &nb... Continue Reading →