Page 1
DSCN0105

通信機器に欠かせない単層セラミックコンデンサと積層セラミックコンデンサとは

セラミックとは陶磁器や耐火物、ガラス、セメントなど高温処理を受けたものの総称です。特徴としては硬い、耐熱性、耐食性、電気絶縁性などがあります。セラミックはこれらの特長を活かして、半導体をはじめとした、電子部品にも使われています。... Continue Reading →
Image(22)-6

夏休みの自由研究、最新の工作キットがすごい!

こんにちは、技術部のたまごです。   皆さん、もうすぐ夏休みですね…! 私は昔からなぜか、夏休みになると、子供のころをよく思い出してしまいます。   私は夏休みの自由研究がだいすきでした。 すでに決まっていることをやらされるよりも、自分がやりたいことを調べたり、作ったりするということが自由で楽しかったのです。 今思えば、あんなふうに好き... Continue Reading →
graph-3068300_960_720

AQLとは?

AQLとは、Acceptable Quality Levelの略で、合格品質レベルのことです。 例えば、1Lot中に3000個あるとします。 3000個すべて検査するのは、非常に工数がかかります。 そこで、抜き取り検査するときに、この「AQL」を使います。 日本では検収基準とされていることが多く、 テクダイヤの検査工程内でもAQLを適用している工程があります。... Continue Reading →
ダイヤモンドピンセット

【新製品】従来の3倍長持ち!「ダイヤモンドピンセット」の開発で、水晶デバイスの製造時間短縮に成功

自動車やスマートフォンなど、私たちの身の回りのあらゆる電子機器に使われる水晶デバイス。電子機器の急速な発展で、より高品質で低コストの水晶デバイスが求められ、製品コストの低減が課題とされています。水晶デバイスを秒単位でつまみ上げるピンセットの先端は摩耗が早く、2週間前後での交換が必須です。製造時間短縮のため、摩耗に強く、かつ、静電気を通すことのない新しいピンセットが必要でした。   ... Continue Reading →
GORIPAKU2894_TP_V

技術部の仕事って何?~多岐にわたる仕事~

こんにちは☀︎yonaです!   セラミックを扱っている技術部に所属する私ですが、 今現在、私の部署は7チームに分かれて仕事をしています。   技術部のイメージは 「 モノを作る 」 … というのが、すぐに思い浮かぶと思いますが、 「 モノを作る 」 と一言言っても、たくさんの人のチカラが集まって、 1つの製品のができています。 ... Continue Reading →
P_20180709_195008

技術の継承とその課題

CMI(フィリピン工場)からの研修生でグレイ(仮名)という青年がいた。半年後にRFユニットをCMIで量産立ち上げする予定があり、その担当者として約半年間、日本で研修を受けてもらった。彼にはRFについての知識や経験はなかったが、とても飲み込みが早く、研修の後半では簡単な開発案件であれば任せられるまでに成長していた。これといった問題もなく、予定通りに量産立ち上げを完了できたのは彼の活躍によるものといっ... Continue Reading →